女性の権利

女性の権利を守ること

女性の権利を守るということはどういったことなのでしょうか。男女平等という言葉が出来て早数年経ちます。女性の社会進出に置いて権利を守るということは大事なのですが、女性の権利自体が独り歩きしてしまっては本末転倒になります。権利を叫ぶことは大事なのですが、権利を主張する者は弱者であるのでしょうか。もともと社会的な地位や立場というものが保証されていなかったという被害者的な意識から女性の権利を必要以上に声高に叫ぶ方もいらっしゃいます。まるで女性の権利を主張することが何らかのほかの意図を持っているかのような方です。ワキ脱毛をしながら自分を綺麗に守りそして男性社会に出て戦う。これも女性の一つの姿ではないでしょうか。
さてもともとの女性の権利、の主張の闘争の原理はどこにあるのでしょうか。これは女性が昔男性と比べて教育を受けられなかったという歴史的な事実を元に、それを男性と女性は同じように教育を受ける権利があるという主張から生まれたものなのです。私は誤解を恐れずにいいますが、社会を形成していたのは男性でした。それが男性の愛情が足らずに女性を虐げてきたという観点から女性の権利という言葉が生まれたのです。つまり、男性が男性を愛するように女性にも愛情をという良い方でも語弊はないのかもしれません。私は女性の権利というものは少なからず誰にでも認められるべきものであり、また逆に女性は男性と平等とするなら同じような仕事をすることも必要と言っても言い過ぎではないと思います。

消費税が上がるとプリウスを新車で購入すると割かし値段も上がると思います。その分新車値引きでなんて言う甘い考えは難しいかもしれません。だから新車を購入するなら消費税増税後のほうがいいのかもしれません。しかし物理的に値段は増税後のほうが高いのですから、前のほうがいい気がします。基本的にプリウスを値引くのは大体がモデルチェンジ後が一番渋いと言われています。それも当然。だって新しいモデルが好きで買いたい人がいるのに、わざわざ値段を下げてまで売ろうとはしないですよね。トヨタのディーラーに勤めている友達に聞いたのですが、みんなインターネットで調べて20万とかひいてくれると思って買いに来るのだけど、でもそれも基本的にいつでも値引きできるとは限らないんですよ。上述したとおり安く買いたいなら古いモデルを買うことです。それも新車で手に入るのであれば割と新車値引きしてくれると思います。プリウス値引きをいつでもできると思ってディーラーに買いに行くと失敗した気になると思います。ディーラーも儲けがでない値引きはほとんどしないはずですからね。

続きを読む≫ 2014/01/29 21:15:29

30代の男性はもし彼が独身であれば、社会的にも少し地位が上がっていてそれになりにステータスのある人間になっているかもしれません。しかしそれが全てではないのは重々承知しております。でも男性を女性が選ぶ基準というのはある程度見た目も考慮されています。それは男性が女性を見る目も一緒だと思います。30歳にもなってギャルっぽいカッコをしている女性をどう思うでしょうか。イイと思う人もいらっしゃいますが、ちょっとなぁという男性の割合も多いかと思います。この日本は一応民主主義のていをとっていますから、男性が女性を見て、30歳になってギャルファッションをしていたらNGの方が多かったらきっとNGだと思います。それと同じだと思います。男性もファッションが大事なのです。30歳の男性のファッションはどんな感じが良いでしょうか?私はギャルっぽい服もきますが男性には比較的くくりでファッションを選んでほしいなと思います。特に清潔感だと思います。30歳メンズファッションは清潔な感じであればきっとイイと私は思っています。
30歳からの男性服選びは

続きを読む≫ 2013/11/16 23:01:16

無駄毛は処理したいですが、生えいていて欲しい部分に関しては抜けてほしくないのが理想です。無駄毛生えている部分の毛を生えてほしい部分に植毛できるようになれば無駄毛という言葉はなくなるのではないかと思います。事実、今ではハゲという言葉が死語になりつつあると思います。遺伝子が原因の男性型薄毛は治療可能になってきており、多くの方が発毛できるくらいだそうな。今後このままいくとカツラや薄毛隠しなどは不要になるのではないかと思います。私は本当に今まで脱毛についてばかり考えてきましたが、男性でも女性でも抜けてほしくない毛というのは実際にあるんです。頭髪が抜けてしまったらやっぱり見た目的にも老けてしまいますし、髪の毛があるのとないのでは見た目の印象からしても全く違うものになってしまうと思います。逆に薄毛になったほうが見た目が良いという人はあまりいないのではないかと思います。髪の毛は大事にしていきたいと思いますけど、遺伝子レベルでの問題であると日ごろの薄毛予防なども大事ですが、AGA治療で行われる遺伝子検査をして薄毛の原因を探って治療を行うのだそうです。

続きを読む≫ 2013/11/12 22:55:12

仮性包茎は手術そのものは医学的には不要という風に言われております。ただこれは一重の人が二重にしたいという憧れから手術をするのと同じ意味合いのある美容整形の範疇です。この仮性包茎手術は不要だという理屈は実は男性の心理について論点がずれていると言えると思います。男性は仮性包茎の手術は不要であることは大体の方が分かっているはずです。男性器の機能に関して全く問題がないというのが仮性包茎であります。ただそれは男性器の機能についての問題であり、見た目の問題とは少し違う訳です。よく仮性包茎は剥き癖をつければいいという風に言われておりますが、剥けている状態の方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。私は男性ではないのでその割合というのは分かりませんが剥けている方というのはまれな気がします。不要だから手術をあおるのは不安商法と一緒だという論調がありますが、それは二重瞼にしたい方はどう説明すればいいのでしょうか。なやんでいるなら切ってしまっても良いのです。切れば男性はスッキリするんですから。仮性包茎手術は私は悩んでいる男性であれば手術をしたほうが良いときっぱり言えます。包茎で悩まないで済みます。

続きを読む≫ 2013/11/11 22:10:11

電車の中で席を人のためにスペースを開けるというのは譲り合いの精神でもあります。しかし、私はこの譲り合いという言葉についてもっと考えるべきだと思っているのです。自民党の議員が国家のために何ができるのか、ということを考える時期に来ていると言っていましたが、これは人が国家に何かをしてもらおうというだけではなく、人はもっと国に尽くすべきだという考えの根本にも直結する話だと思います。
まず譲り合いというのは、譲られる側に立った言葉だと言えると思います。電車の席を譲り合いで人を多く座らせてあげるというのは座っている人たちが詰めるべきという観点なのです。しかし、人はそれぞれ体型も違えば体重だって違います。人によってさまざま幅があります。たとえば3人掛けの席にすでに2人座っていて、次の駅でもう一人が座ろうとします。この席について席につけるくらいの体型の方なら良いですが、かなり太めか、その開いているスペースを詰めてもかなりきつくなってしまう場合、譲り合いの言葉はどう作用するでしょうか。それでも席を座らせるために無理やり詰めるのが正解でしょうか。いえ、それも正解だと思いますが、私は、スペースを空けてもらう側の人も、座らないという選択をすることも譲り合いと言うべきだと思うのです。なぜならどちらも権利は平等です。たまたま乗った車両が空いていただけの話で、他の人が座ろうと思えばもともと座っていた2人はかなり快適になるのです。最近はこの譲られる側の人間があまりにこの権利を主張しすぎるのではないかと思うのです。いつしか弱者は権利を主張することが仕事になり周りが見えなくなる。そんな言葉がぴったりだと思うのです。

続きを読む≫ 2013/11/06 23:00:06

男性は働いて女性は家を守るという時代ではなくなってきているのと不景気のあおりでなのか、一人の給料だけではやっていけない時代になってるのです。イベント事ある日でも働きに出ることに全く抵抗がないという方が増えてきているそうです。特に一年のうちで一番盛り上がるであろう聖夜やイブの日でも働きに出ることに抵抗がないそうです。これが女性が働きたくないのにアルバイトにいけと言われたらそれはちょっと女性の権利として問題があるかもしれませんが、女性でも男性でも聖夜の短期アルバイトに関しては抵抗を感じる方のほうが少ないということです。これは世相を反映しているのかもしれませんが、とにかく驚きというよりもそういった時代になってきているのかなというちょっと不景気がとても奥の方までしみ込んでいる気がします。家庭を持っていない方はアルバイトに出ることに抵抗がないかもしれませんが、家庭がある方はやっぱり子供と過ごしたりしたいですよね。聖夜の短期アルバイトと聞いて今はむしろ働きたいという希望を持つ方のほうが多いという調査結果が出ております。

続きを読む≫ 2013/11/05 22:11:05

今の時代だからワキの下を脱毛するのではないと思います。実は脱毛という概念が生まれたのは近代ではなく、大昔からあったのです。ローマ帝国時代とかギリシャの時代とかでも女性は無駄毛に関して良いイメージを持っていなかったそうなのです。昔からやっているからどうということの説明なのですが、脱毛をするということを何らかのステマ的に考える人もいますが、女性の美意識というのはこと脱毛に関してはそれほど近代的なものではなく、あくまで一般的になったのが近代であるというだけの話です。エステサロンに通う人は脱毛に関しても詳しい方がいらっしゃいますが、今から通いたいという方は脱毛に関して言えば料金的にもかなりオトクになってきておりますし、自分のカスタマイズした脱毛が可能だと思います。特にわきの下などのポピュラーな部位の脱毛は美容的な意味だけではなく、あくまでもエチケット的に脱毛する方もいらっしゃいます。ですのでエステサロンなどではワキの下の部位の脱毛を行っているところが多いのも特徴です。エチケット脱毛という考え方で通ってみるというのも一つの行くきっかけにもなりますしね。自分で処理していると黒ずみとか気になりませんか?
ワキ脱毛のおススメ

続きを読む≫ 2013/11/04 14:39:04